原创翻译:龙腾网 http://www.ps5588.com 翻译:骑着毛驴到处走 转载请注明出处



中国の北京市郊外に世界最大規模の巨大空港「北京大興国際空港」が9月25日、開業した。総事業費は約4500億元(約6・8兆円)。習近平国家主席は「国家発展の新たな原動力」と強い期待をかける。オープンしたばかりの新空港には、米国をしのぐ「強国」を目指す中国の野心が詰まっている。

位于中国北京市郊区的世界最大机场——“北京大兴国际机场”于9月25日投入运行。总花费约4500亿元(约6.8兆日元)。
北京大兴国际机场作为“中国国家发展的新动力”,被寄予强烈的期望。
而刚刚投入运营的新机场,展示着中国以超越美国为目标的“强国”野心。




 
さて、習指導部が巨費を投じてこの新空港を建設したのはなぜか。一つには国内航空需要の急増に伴う「空の交通ラッシュ」の深刻化がある。現在の北京の主力空港は市中心部から北東に約25キロ離れた首都国際空港だ。北京を訪れた日本人観光客が降り立つのもこの空港だ。中国北部の空の拠点だけに、これまで3度にわたって拡張され、利用者は昨年、初めて年間1億人を超えた。しかし、ピーク時には1分に1本の航空機が離着陸する過密スケジュールのため、離着陸便の遅延は日常茶飯事。現在、約400便が新たな乗り入れを希望し「申請待ち」の状態になっているが、受け入れる余裕がないのが実情だ。

那么,中国为什么投入巨资修建北京大兴机场呢?
其一,随着中国国内航空需求的剧增,中国机场已是超负荷运转。目前,北京的主要机场是位于北京市中心东北方向约25公里的北京首都国际机场。日本游客去北京也是降落在这个机场。
迄今为止,北京首都国际机场已经扩建了三次,去年的客流量首次超过了1亿人次。高峰时期,每1分钟就有1架飞机起飞和着陆,因此,在北京首都国际机场,起飞晚点和着陆晚点已经是家常便饭。但仍然有400余个航班希望开通在北京首都机场的航线业务,这些航班一直处于“申请等待”状态,北京首都机场已经无法给这些航班安排时间。


新空港には国内外の航空会社66社が乗り入れの意向を示しており、2025年には年間利用者7200万人、将来的には首都国際空港に匹敵する1億人超を想定している。市内にある二つの巨大国際空港を連携させることで北京のハブ機能を強化し、世界とつながるアジアの航空ネットワークの中枢を担う戦略だ。

目前,已有66家国内外航空公司表示愿意入驻大兴国际机场,预计到2025年,每年将有7200万人次出入大兴国际机场,并最终将超过1亿人次,与北京首都国际机场的客流量持平。
这两个大型国际机场连接起来,将强化北京的航空枢纽功能,成为连接世界的亚洲航空网络中枢。





良し悪しはともかく将来を見据え実行力もある中国は凄いと思う。国土や人口(労働力)も多い中で目標がある国の力は1番でしょう。
日本政府のリーダー達には日本の将来(経済目標や社会保障、地方再生や安全保障など)を明確にして欲しい。

就笔者我而言,好坏姑且不论,我认为具备远见卓识,且执行力效率高的中国非常厉害。对于一个国家而言,国土面积和劳动力当然很重要,但最重要的,是一个国家应该有属于自己的目标,这才是力量的源泉。
希望日本政府的领导者们也能为日本的将来做出明确的规划(经济发展目标,社会保障,地方再生资源和安全保障等)。