原创翻译:龙腾网 http://www.ps5588.com 翻译:玉子家 转载请注明出处
论坛地址:http://www.ps5588.com/bbs/thread-489043-1-1.html


インバウンド需要の主役は中国「草食系」、袁静?行楽ジャパン社長に聞く

有入境需求的主角是中国的“草食系”人们,行乐日本总经理袁静说道



中国人訪日客は年1000万人時代へ

访日中国人数量来到了年1000万人的时代


日本への中国人観光客が、7?8月に連続して月間100万人を超えた。2019年は年間で1000万人目前にまで達しそうだ。韓国からの訪日客数の減少とは裏腹に、中国プチ富裕層の日本人気は根強く、現段階では米中貿易摩擦などの影響を感じさせない。その中心は若い20~30代層で、とりわけ「仏系」(=ぶつけい、日本の草食系と似た意味)と呼ばれる中国若者層がインバウンド需要をけん引しているという。上海と東京に拠点を置き、観光情報を発信している袁静?行楽ジャパン社長に聞いた。

到日本的中国游客,7、8月份都连续超过了100万人了。目前看到2019年的访日人数将达到1000万人。与来自韩国的访日客数的减少相反,中国小型富裕层在日本很受欢迎,这已经是根深蒂固的想法了,现阶段完全感受不到中美贸易摩擦等的影响。据说以年轻的20岁~30岁之间的人们为中心,也就是特别被称为「佛系」的中国年轻层人员(佛系与日本的草食系意思相同)入境需求正在增多。就此,我询问了在上海和东京都设立据点,用来发布旅行信息的行乐日本总经理袁静。


――2019年上半期(1~6月)の中国からの訪日客は453万人でした。これまでの定番だった2月の「春節」、10月の「国慶節」以外のシーズンにも訪日するケースが増えています。

——2019年上半年(1~6月)从中国来的访日客有453万人。目前,除了2月的“春节”,10月的“国庆节”以外,其他季节的访日情况也在增加。





「今後は医療ツーリズムや長短期の留学などで、米国に代わって日本の需要が増えてくると読んでいます。ただ中国リッチ層はパイとしては人数が少ない。日本のインバウンド需要をけん引するのは約3.5億人の中国?中間層のうちの上位1億人のプチ富裕層でしょう。例えば年収が20代で1000万円を超え、何度も日本へ個人旅行できる人々です」

“今后由于医疗观光和长期留学等原因,对来日本的需求会代替美国逐渐增加的。但是中国富裕阶层所占比例的人数很少。拉动日本入境需求的约3.5亿人的中国中间层中,只有顶端的1亿人是小型富裕层吧。比如,年收入在20多岁就超过1000万日元,能够多次在日本进行个人旅行的人们”


新しい「聖地」は秋葉原駅ホームのミルクスタンド
――週末の東京?銀座には若い中国人観光客の姿が絶えませんね。

新的“圣地”是秋叶原站台的牛奶站
——周末的东京银座里,年轻的中国游客络绎不绝。


「日本の法務省のデータでは中国人観光客は20歳未満が12.3%で20代が25.7%。さらに30代が29.2%と若い層で過半数を大きく上回っています。特に1980年代、90年代に生まれた20~30歳代は中国国内でも高額消費のけん引役です。奢侈(しゃし)品を購買する層の割合は、18~24歳が36%、25~30歳が32%、31~35歳の層が13%というデータもあります。これら若いプチ富裕層が、何度も日本を訪れていると分析しています」

“日本法务省的数据显示,中国游客未满20岁的占12.3%,20多岁为25.7%。另外,30多岁的人29.2%,所以年轻人群超过了半数。尤其是1980年代、90年代出生的20~30代人,在中国国内也是高额消费的引导者。购买奢侈品的阶层中,18~24岁的占36%,25~30岁的占32%,31~35岁的占13%。这些年轻的小型富裕阶层曾多次造访日本”


――中国の文化大革命を知らずに、「改革?開放」以降の高度経済成長期に育った世代ですね。

——没有经历文革时期,而是在“改革开放”以后的高度经济成长期里成长起来的一代。


「1979年に一人っ子政策が始まっており、若いプチ富裕層は不動産バブルや株バブルの恩恵を受けた親元に同居しているケースが多いのです。実家に生活費を入れる習慣はなく、中国には相続税も贈与税も現在はありません。一人っ子同士で結婚すれば、自由に使えるお金はさらに増えます。裕福な家庭に育ち、自らも起業する『富二代』も増えています」

“1979年开始实行独生子女政策,年轻的小型富裕阶层与受到房地产泡沫和股票泡沫恩惠的父母同居的情况很多。在自家没有养成需要花费生活费的习惯,中国现在也没有继承税和赠与税。如果独生子女结婚的话,可以自由支配的钱就更多了。在富裕家庭长大,自己创业的‘富二代’也在增加。”


「滞在日数は4~6日のケースが多く、さっと来てさっと楽しみ買い物をして帰るパターンが目立ちます。ある30歳代半ばのOLは毎月訪日し、日本酒の利き酒師の資格を取得しました。子供が幼いとあまり遠くに行けないため、家族旅行で年に3~4回訪れるケースも少なくありません」

“逗留天数多为4~6天,赶紧过来购物,然后又赶紧回去的模式,经常会见到。一位30多岁的白领每月访日,取得了日本酒师的资格。因为孩子还比较小,不能走得太远,所以也有不少家庭会选择来日本旅行,一年去个三四次”


「若いプチ富裕層は、日本人が気付かないヒット商品を発見したりしています。中国人観光客の新しい『聖地』に、JR秋葉原駅の5番ホームにあるミルクスタンドがあります。健康志向の強い若者層の間では、現在ちょっとした牛乳ブームが起きています。しかし中国国内では種類も乏しく、以前の粉ミルク混入問題もあって手を出しにくい。日本の牛乳は種類も多く、濃厚でおいしく安心というわけです」

“年轻的小型富裕阶层会发现日本人没有注意到的热门商品。中国游客的新圣地有JR秋叶原站5号站台的牛奶站。在健康意识很强的年轻人中间,现在掀起了一股牛奶热。但是中国国内缺乏种类,加上之前的中国的奶粉问题,很难选择。而日本的牛奶种类也很多,味道浓厚,也让人放心”


「仏系」は恋愛に消極的でガツガツせず
――20代の若者層は、上の世代とは違うニーズがあるでしょうね。

“佛系”对恋爱消极,不贪婪
——20多岁的年轻人,应该有着与上一代不同的需求吧。





「これに反論したのが、アリババ創業者のジャック?マー氏です。『個人的に996で働くことは幸せだと考えている。多くの人が996で働きたいと願ってもそのチャンスがないのだ。若いときに働かなくていつ働くのか』というものです。マー氏自身が、休み無く1日12時間仕事して成功した典型例です。ただ『8時間だけ気持ち良く働きたいなんて若者はうちの会社に必要ない』とまで踏み込んで、ネットで大炎上しました」

“对此提出反驳的是阿里巴巴创业者马云。“我个人认为996工作很幸福。很多人希望996能工作,却没有机会。年轻时不工作,那什么时候工作?”马云本人,是没有休息地1日12小时工作,从而获得了成功的典型例子。只是“想心情舒畅地工作8小时的年轻人对我们公司来说是不必要的”这句话在网络上掀起了热潮”


――仏系の若者層を日本に引き付けるポイントはどこでしょうか。

——日本吸引佛系年轻人群的关键点在哪里?




“作为下一次文化旅游的候选地之一,最有力的是九州。以观光列车为首的充满魅力的交通网,这种交通发达紧凑的区域很重要。从古代开始历史性的文物也多。现在除了上海以外,到九州各县的直达航班很少是关键,但是如果在北京的最新机场“北京大兴国际机场”修建起来之后,九州应该会变得非常受欢迎吧”